funacchi's blog

責任はすべて我にあり。

できること、やるべきこと、やりたいこと

昨日に続き、今日も良い天気だな。
https://www.instagram.com/p/By3_e-xh_Br/
ランチの後のチョコとコーヒーを嗜む時間は最高に幸せな時間である。#チョコミントブームは続く


ほぼ日刊イトイ新聞のコンテンツのひとつに「おとなの小論文教室。」というのがある。
これは、文章表現・コミュニケーションインストラクターの山田ズーニーさんが週一で書いているもので、心にグッとくる言葉をよく見つけることができるので、僕は毎週楽しみに読んでいる。
今週は「夢のふり幅」というタイトルで書かれていた。
www.1101.com
その中に

「できること」は何より他者が歓んでくれる、
だから自分も嬉しい。
「やるべきこと」をやり切ったら実力が増し、
人から信頼もされる。
「やりたいこと」をやっているとそれだけで
自分がイキイキする。


どれも尊い。どれかを押しつけるものでない。

というのがあった。
僕の生活の多くを占めているのは仕事と趣味の演劇だ。
仕事はいつも「やるべきこと」かといえばそうではないし、演劇はいつも「やりたいこと」かといえばそうではない。
仕事にしても演劇にしても、その時々で「できること」になったり「やるべきこと」になったり「やりたいこと」になったりする。
そのどれもを"尊い"と思うことができれば、常に前向きでいられるような気がした。
前向きってとても大切だと思っている。
後ろ向きはなんだか心が晴れないし、自分の力を制限してしまうような感じがするから。


今仕事は「やるべきこと」モード。
今演劇は「やりたいこと」モード。
どちらも"尊い"活動時間。


今日の夜は焼肉なので、なるだけお腹を空かせて臨む次第であります。