Pilot Penguin King

やる前にやる気は出ない。

動かなきゃ何も起こらない

体調不良は長引くことなく、今日で正常の自分にかなり近づいたと思う。
まだお腹壊し気味だけど。
引き続き、体調管理は徹底的に。


今日は仕事の後、11月後半から1月後半まで週2回で開催される演劇ワークショップの説明会へ。
説明会っていうか個人面談。
面談してくれた人がとても話しやすい人で、いろいろな話題で盛り上がり楽しかった。
ワークショップの内容は戯曲分析とメソッド演技。
メソッド演技、そう、スタニスラフスキーね。
僕が昔全然理解できなかったやつね。
いつかはまたチャレンジしたいという想いがあったので、ワークショップ参加することにした。
面談の後、そのまままさかの半立ち稽古へ(台本を持ちながら立って動く稽古)。
台本は、テネシー・ウィリアムズの短編。
なんだろうね、この難しさ。
言葉にならない複雑な感情をどう表現に落とし込めばいいのか。
今のところ解決法が見つからない。
でもこの難しさ、やりがいあるって思っちゃったよ。


今の劇団に所属して今年で5年目。
この間、劇団以外での活動場所はほとんど作ろうとしなかった。
作ろうと考えなかった。
それは劇団が自分にとってとても居心地のいい場所だったからだと思う。
でも今年はいろいろ思うことがあって、半年くらい前から、自分の活動場所を広げてみようと少しずつ動いている。
広げて何がしたいのか。
自分の中で明確な答えはまだない。
でも広げていかなきゃいけないなってなんとなくそう思った。
「なんとなくの自分の声」っていい結果を運んでくれるんだよ、最終的に。


今日も湯船に浸かって記事を書いてる。
これクセになりそう。
そして、汗、めっちゃ出る。
デトックスデトックス